P1020743

ホンカ中九州オーナーVoice

Sさま 熊本県熊本市

P1020743

 

初めてログハウスと出会ったのは7年前。

仕事上(ガスの配管をしているので)、始めて仕事をしたのがログハウスでした。
それは、丸ログのハンドカットで、「何だこれは~~!?」という圧倒的な存在感を覚えました。

それから『ログハウス』というものを調べました。
始めは、キットハウスのカタログを見せてもらい、「住宅タイプ→35坪~40坪ぐらいで600~700万ぐらい」という事で、
若い僕にでも(当時23歳)建てられるじゃん!!という安易な気持ちから“ログへの想い”が始まりました。

まずは、書店で『夢丸(夢の丸太小屋に暮らす)』購入。
そこには、国内外のログハウスメーカーがズラリ並んで軒並みウン千万円(現実的)。
「600万円で建てられる」というユメは最初の段階で打ち砕かれました。
それから色々資料を取り寄せて、見て回り、「フォレスト・ブルー」さんを訪れました。
本田社長をはじめ、スタッフのみなさんがとてもアットホーム的で、HONKAのモデルハウスにも「ビビビッ!」と来た事もあり、
「~ああ、もしログハウスを建てるならここで建ててもらいたいなぁ~」と思うようになりました。

それから坂本さんには、長い間本当にいろいろお世話になりました。
今思い返すと、恥ずかしいことですが、田舎暮らしに憧れて御船の奥地の段々畑があるような所に建てたいと思い、
あちこち坂本さんを連れ回したりしましたが、一つも嫌な顔せず、一生懸命相談に乗ってくれました。
当時、「家なんてどこにでも建てられる」と思っていました。ハズカシイ・・・。
土地探しが一番苦労しました。

また、7年間の間にキット価格が何度も上がり、総額で500万円位上がってしまったり、
貯金するよりも上がる方が早いんじゃないですか?みたいなところもあり、
でも“ログへの想い”は募るばかりで、絶対にあきらめませんでした。
仕事中、何となく信号待ちで『売り地』の看板を見つけたことから事態は大きく動き出しました。
その看板の奥には、何区画も空き地のまま残ってました。土地が決まるとトントン拍子に話が進み、
いよいよ念願の「ホンカ・ログホーム」の契約が動き出しました。

ログとの「出会い」に始まり、「想い」になり、
今「かたち」になりました。坂本さんには僕たち夫婦の熱い想いをよく理解してくれて、一緒に頑張ってくれました。
3歳の息子が一番嬉しそうです。
うちに遊びに来てくれた人たちは皆「木っていいね~」って言ってくれます。
フォレスト・ブルーの皆さんが作ってくれたこのログハウスの「木のエネルギー」の良さを色んな人たちに伝えたいです。
そうやって人が気軽に遊びに来てくれる人が集まる『居ごこちのいい家』にしたいと思います。

CIMG1941のコピーDSC05553 DSC05497

P1020741

ホンカ中九州オーナーVoice

Sさま 福岡県八女市

P1020741


いい家を建てて頂き、ありがとうございました。
建築中は、どんな家ができるのか楽しみな反面、毎週末の塗装の大変さに少々疲れ気味でした。

でも出来上がった家を見て、また実際に生活してみて、
細かいところまで配慮してある本当にいい家だなと実感しています。
それに「夢丸」に書いてあったように、洗濯物がよく乾くのにも驚きました。

何より木に囲まれた生活は気が休まります。この頃は、職場から家に帰るのが楽しみになりました。
これから少しずつすみやすく整えていくのも楽しみです。

坂本さんはじめ、フォレスト・ブルーの方々に大変感謝しております。

CIMG2828CIMG1273

 

 

 

外観

ホンカ中九州オーナーVoice

Iさま 熊本県阿蘇郡南阿蘇村

9

・改めてログハウスの良い・悪いところ、住み心地、使い心地はいかがですか?
天然木に囲まれている為か、常に空気が浄化されていて気持ち良い空間。
木の香りがいつまでも続き、ログで使った物を自宅へ持ち帰っても、まだ木の香りが残っています。
木肌が美しく、ヒビ割れも全くなし、軒先が長いので外壁も雨に濡れにくいです。
窓にも雨がかかりにくくなっています。
他のログハウスと比べ物になりません。

16-01-31-16-03-50-914_photo7

・建築中の思い出や、わが家の自慢を教えてください!
やっぱり自分たちで外壁を塗装したことがとてもいい思い出に残っています。
余計、愛着がわきます。自慢といったらやっぱり派手な色の”赤”ですかね!

・どんなログライフをお過ごしですか? これからどんなログライフにしていきたいですか?
週末に犬を連れて、周りのいろんな温泉に行ったり、おいしい店を探して食べに行ったり、
山道を散歩したり、時には人を招待したりして楽しんでいます。
そろそろデッキの塗装を楽しみながらやりたいです。
これからもこんな調子でログライフを楽しんでいきたいです。

2

・これからログハウスをご計画の方にアドバイスをお願いします。
いろんなメーカーのログハウスをできる限り沢山、自分の目で見てまわる。
(パンフレットだけでは分かりませんので)
最初は同じように見えていても、何件も見ているうちに、
メーカーによって木の違いや建具等の違いが分かるようになります。
自分の好みもでてきて、納得して選ぶことができると思います。

10

・薪ストーブを使われてみていかがですか?
家の中全体が暖かいです。柔らかい感じのあたたかさ。
ファンヒーターやエアコンの暖かさと全く違って、とにかく気持ち良い。
コンパクトなわりにはとっても暖かいです。形も格好いい。

1 CIMG1264

・これから薪ストーブを検討されている方へアドバイスをお願いします。
レトロチックでおしゃれな外観、インテリア的にも暖かさ的にも、
永い目で見たら薪ストーブは山に住んでなくとも、住宅地でも活用できると思います。愛着もわきます。

P1040623

ホンカ中九州オーナーVoice

Kさま 山口県下関市

P1040623

改めてログハウスの良い・悪いところ、住み心地、使い心地はいかがですか?

寒い冬となり、改めてログハウスにして良かったと思います。
朝起き出しても家全体の温度は20℃位を維持しています。
妻は毎朝「あったかいね」と言っています。
結露がなく快適な生活です。ワンフロアにした事も
これからの人生を考えると正解であったと思っています。

P1040629P1070507

「ログハウスを建てよう!」と思ったきっかけを教えてください

今まで転勤生活でコンクリート製の家や石膏ボードに
壁紙の家で生活して参りまして、時間が経つにつれて劣化する建材ではなく、
長くなればなる程、味のある生活になる様ログを選びました。
若いときからログハウスには漠然とした憧れもあり
色々検討しましてホンカに決定しました。

P1070293 P1040627

現在

ホンカ中九州オーナーVoice

Mさま 熊本県菊地市

Mさま邸のホンカ・ログホームは1994年の完成から21年が経ち、
ますますヴィンテージ感あふれるオールド・ホンカ・ログホームになりつつあります。
今も周囲の自然と調和の取れた、たたずまいは変わらず、
当時赤茶色だったログ壁は再塗装と経年変化でより落ち着きのある色へと変化。
室内のログ壁もアメ色に変化し、さらに趣をましています。

現在

現在

完成当時

完成当時

「年月を重ねて成長した木に包まれての生活は、私達の住んでいる木護という名にふさわしいと思います。
裏山には2000年に仲間達と植えた自然の森が10年経ち、健やかに成長しています。
木を植えて、木を育て、木と交流し、木の家に住み、薪を山に集めに行き、薪で部屋を暖める。
家の呼吸と私たちの呼吸がともに息をして、大地の生活が日々流れてきます。
自然の循環の中で、ログハウスに暮らす幸せに感謝です」

現在

現在

現在

現在

完成当時

完成当時

現在

現在

熊本県B邸

ホンカ中九州オーナーVoice

Bさま 熊本県熊本市中央区

初めてフォレスト・ブルーのモデルハウスを訪れたのは何年前だったでしょうか。
あこがれだったログハウスで生活できるなんて夢のようです。
スタッフの皆様、いろいろアドバイスをいただいた先輩オーナーの皆様、
本当にありがとうございました。

熊本県B邸熊本県B邸

・どんなログライフをお送りでしょうか?
快適すぎて引きこもりになります。癒される日々を過ごしています。

・建築中の思い出や、我が家自慢は?
建築中、昼間は仕事の関係で見れなかったので、夜に仕事帰りに毎日懐中電灯片手に見に行って、
日に日に出来上がる様子に感激してました。
自慢(自己満足?)は広い吹き抜けとオープンスペース。

熊本県B邸

・夢や想いは実現できましたか?
はい。でも住み始めてからログハウス、ログライフに関する色んな新しい夢や想いが次々出てきます。

・ログハウスの良い所、悪い所、住み心地は?
良い所:質感が高い(ホンカさんだから!)ゆったりできる。
住み心地はとにかく快適!!
悪い所:収納場所が少ない。電気配線が後からできない。
(計画時にしっかり計画しておくことです)

熊本県B邸熊本県B邸

・計画中の皆さんにアドバイスをお願いします!
先輩オーナーさん宅を拝見するイベントに参加し、直接お話を聞かせていただいたりしていました。
とても参考になったので、出来るだけ多く実際に住んでいるログオーナーさん宅へ行ってみて、
色んな話を聞かれることをオススメします。

・薪ストーブライフも実現されてますが、いかがですか?
薪ストーブライフは思っていた以上に楽しく、快適です。
薪の調達やストーブ、煙突の掃除、灰の処分など色々大変ですが、
その大変さを忘れさせてしまうくらい薪ストーブのある暮らしは楽しいです。
薪ストーブの設置にノリ気ではなかった(むしろ反対していた)
主人が私以上に薪ストーブにハマっています。ウレシイ!
薪割りも大変ですが、すごく楽しいです。”スコーン”と割れたときは快感です。
ただ、腕くらいの太さの枝をたくさん貰ったときはチェーンソーで切り分けて、と大変。

熊本県B邸熊本県B邸

・計画の方へアドバイス
自前で薪を調達するつもりの方は、かなりの収納場所を必要とします。
置き場と作業場所をしっかり考えておくと、後で困ることがないと思います。
(熊本市内でもトン単位で消費しますので)

熊本県B邸熊本県B邸

大分県O邸

ホンカ中九州オーナーVoice

Oさま 大分県由布市

完成した喜びより安堵感が強く感じられます。
2006年10月に計画をスタートし2008年6月に完成。
この2年弱はとにかく忙しいの一言に尽きると思います。

建物の細部にわたるまでの仕様決定、銀行回り、役所回り・・・などなど、
建売なら楽なのに・・・などとなんども考えてしまう自分。
しかし、ログハウスという異次元の空間に対する周りの期待感が
なんとか完成まで漕ぎ着けるエネルギーになっていたと思います。
建てる本人より周りの方が期待しているというのも
ログハウスの魅力のひとつなのでしょう。

大分県O邸大分県O邸

また、我が家は特殊な大家族です。
わんこ11頭、にゃんこ1匹、ちんちら23匹、デグー1匹、人間3人
(うち、一人は単身赴任)という動物大国です。
そんなやつらのはしゃぐ姿を見ると・・・、
やろうとしてきたことは正解だったんだろうと思えてきます。

CIMG2943
まだ、これから生活環境作りが続きますが、このログハウスという
異次元の空間を多くの仲間と共有できるように
さらに広げていけたらと思う今日この頃です。

今はまだ、本当のログハウスの魅力はできていないと思いますが、
10年後、その魅力のひとつでも理解できたら・・・
そんな気持ちでこの家と付き合っていこうと思います。
すべてのスタッフの皆様、2年弱の間、ありがとうございました。
そしてこれからも末永くよろしくお願い致します。

大分県O邸

もともと「ログハウスとはなんじゃらほい」というところから、
いろいろ詳しく教えていただき、また様々な物件を見させて頂き
とても感謝しています。所々、段取りがうまくいかないこともありましたが、
それもまた、人間が大きく関わる仕事という感じがして好感がもてました。
家を作るということを1から経験できたことはとても貴重だったと思います。
それを仕事としている皆様を羨ましくも思っています。
これからも様々な方の素敵な夢を実現するためにがんばってください。
私にお手伝いできることは何でも言ってください。協力させていただきます。

最後に・・・ときどき、わんこの散歩手伝ってくださ~い!!

大分県O邸大分県O邸

オーナーブログはこちら
「コギっち11あばれまくり!!」
「永遠の野原、湯布院LIFE」

コスモス

ホンカ中九州オーナーVoice

Hさま 熊本県阿蘇郡

「こんな木の家で過ごしたら気持ち良いだろうなぁ」とログの本を、夢みたいに眺めていました。
家人の理解を得て走り出したら後は早かったこと。
設計や施工の段階でも、いろいろと夢を見させてもらいました。

CIMG2469P1040011

完成した姿を見て、もちろん嬉しいのですが、今後も「そこでの暮らし方」を我が家なりに作っていく楽しみがあります。
建てられたらいいなと思ったときから完成を経て、これからもずっと夢の続きはまだまだこれからです。

CIMG3163雪薪

大手メーカーで自宅を建てたときは、何となく押し着せの提案で、
「そんなものかなぁ」と流されていましたので完成のとき、嬉しさはあったものの、
その後「あぁしておけば良かった」など思うことも多かったですが、
今回は、施主としての仕事は多かったのですが、悩みながらも楽しめました。

CIMG3002CIMG3004

随分出来上がってからの変更も相談に乗ってもらい家づくりのイメージが変わりました。
すべては坂本さんと知り合えた事から始まりました。
感謝しています。これからもよろしくお願いします。

コスモスCIMG4163

CIMG2997

ホンカ中九州オーナーVoice

Kさま 熊本県水俣市

CIMG2997

いつの頃だったかログハウスに興味を持つようになり、
雑誌を読んだり展示場に出かけてみたりしていましたが、
まぁ夢の範囲を出ないというか建てられたらなぁぐらいに考えていました。
しかしその転機が訪れたのがフォレスト・ブルーの展示場に行ったときでした。

「こんな感じで建てたい!」という表現しにくいですが、
衝撃のようなものに駆られるように見積もりなんかをお願いしてしまいました。
何度か打ち合わせを重ねましたが、どうしても金額面での折り合いがつかず、
残念ながら一度白紙に戻すことになりました。

それでも一度その魅力に取りつかれ、一般住宅を見てもやっぱり何か違う・・・、
と悶々とした日々を送っていました。
それからしばらく時が流れたある日、完成見学会の案内状が届きました。
家族会議後やっぱりもう一度見に行ってみようということになり雨の降る中、
阿蘇へと車を走らせ会場に到着しました。
別荘地の一角に鎮座していたログは神々しいオーラを発しており、
「やっぱ建てるしかないな・・・」と説得させられるかのそうな存在感でした。

CIMG3123

それからというもの見積書に穴が開くほど見続け、計算機が体の一部のように手の中でパチパチと音を立て、
ようやく「いけるかも・・・」という金額になってきました。

でもしみったれた生活は送りたくなかったので、
「我慢できるものはとことん切り詰め、これだけはという所は惜しげもなく」というスタンスをとりました。

CIMG3887DSC00043

それからは、あっという間にって感じで完成までたどり着いたんじゃないかなぁと思います。
また、一軒の家が建つまでにすごく多くの方々の手がかかっていることに驚きましたし、
その方々一人一人が気持ちを込めて丁寧に作業している姿に感動すら覚えました。

それと我慢した部分というか予算切り詰めの施主工事は、施主が近くに住んでおらず、
父と母におんぶにだっこという感じでした。
日が昇って沈むまで、塗装したり、ごみを片付けたりと現場に足繁く通ってくれたお陰であることは紛れもない事実であり、
感謝しております。

CIMG2389CIMG2387 - コピー

フォレスト・ブルーの方々には、多大なるご迷惑をお掛けしながら完成をむかえることができました。
こんな困り者の施主にお付き合い頂き感謝の言葉もありません。
きっといつか恩返しができたらいいなぁと思っています。
ログはできましたが、これから我が家としての家づくりを始めていこうと考えています。
そして薪ストーブの設置を目標に頑張ります。
我が家の完成はいつになることやら・・・。

CIMG2436CIMG3018CIMG3120 - コピー

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホンカ中九州オーナーVoice

Iさま 熊本県熊本市南区

ホンカ・ログホームの基本プランのひとつである「アピラ」で建築されたIさま邸。

木工を趣味とされていたI様はお子様の「カントリーショップをしたい」という願いから、
以前はご自宅でカントリーショップをオープンされていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

・Iさまがログハウスに決めた理由
Iさま邸のホンカ・ログホームが完成したのは2001年。
それ以前Iさまは、家を建てるにあたり、展示場めぐりをしていたらシックハウスになり、
目・鼻、そして体まで具合が悪くなった、とのことでした。
「これでは新築の家に入って病気するなと思い、検討を重ねていった結果、
健康のために一番良い家はログハウスに違いないと思い、迷わず決めました」

OLYMPUS DIGITAL CAMERAスキャン3

・ログハウスに住んで思ったこと
「住み心地は満点です。何といっても室内の温度が年中大きな変化がないところです。
湿度の変化も少なく、においも浄化してくれる木材の力のすごさはいつも感じます。
気分がやすらぐ、ホッとする、いつまでも居たいと、来てくださった方々のニコニコと
した笑顔を見ていると、本当によかったなぁと思います」

 

・これから建てる人へのアドバイス
「採光や風通しといった空気の流れを考えてほしいです。
若い人たちやログを建てたいけど予算が・・・と思われる方は、まずはログを建てて、
建てた後でも入れ替えの出来る家具や流し台、お風呂など備品のコストを下げることを考えられたらどうでしょうか。
住みやすい快適な家に住むことで、外出する出費をなくせると思います」

スキャン2OLYMPUS DIGITAL CAMERA